So-net無料ブログ作成
検索選択

京都の中心 六角堂のへそ石 [京都だより]

京都の六角通東洞院西入に「六角堂」があります。

正式名称は「紫雲山頂法寺」で、天台系のお寺です。
本堂の形が六角形であることから「六角堂」と言われています。

聖徳太子が用明天皇2年(587年)に創建したと伝えられています。
華道家元池坊が住職をお務めで、いけばな発祥の地としても知られています。

六角堂には、中央にまるい穴があいた六角形の石があります。
六角堂が京都の中心とされたことから、体の中心であるおへそになぞらえて
「へそ石」と呼ばれています。
六角堂のおへそ石.jpeg