So-net無料ブログ作成
検索選択

媛小松(下鴨神社4-3) 今日の和歌 [今日の和歌]

ちはやぶる 鴨の社のひめこ松 よろずよふとも 色はかはらじ
              藤原敏行 「古今和歌集」

今日は、和歌とともに、下鴨神社の「媛小松」をご紹介いたします。

では、こちらの歌の意味をみていきましょう。

「ちはやぶる」…枕言葉です。「強大な力を持つ」という意味から「神」にかかる言葉です。
この歌の場合、うしろの「神社の ひめこ松」の言葉にかかります。

「よろずよ」…漢字にすると「万世」
「ふ」…時が経つ
「とも」…たとえ~にしても(接続詞)

たくましい 下鴨神社の姫小松よ。
たとえ万世の時が経ても
色は変わらないだろう。 

「ひめこ松」のひめは下鴨神社の祭神である「玉依媛命」の「媛」から同文字が記されています。

媛小松.jpg

こちらが下鴨神社の「媛小松」です。


共通テーマ:日記・雑感