So-net無料ブログ作成
検索選択

相国寺 [京都だより]

今週末は、お盆の入りですね。
(地域により、お盆の時期は異なるようですね。)

本日は、京都市上京区にある
相国寺(しょうこくじ)を、ご紹介いたします。

相国寺は、臨済宗 相国寺派の大本山で
正式名称は、萬年山相國承天禅寺。
京都五山 第二位の名刹です。

十四世紀末、室町幕府 三代将軍 足利義満により、創建されました。

下の写真は、相国寺の法堂です。
慶長十年(1605年)に、豊臣秀頼の寄進により再建されました。
日本最古の法堂建築として、重要文化財に指定されています。
相国寺.jpeg

お寺の名前の「相国」には、国を治めるという意味があり、
こちらのお寺を創建した義満が、左大臣(相国)でした。

そして、この時代、中国に大相国寺という
五山制度の始まりのお寺があり、
そちらの大相国寺の寺号の一部から
「相国寺」と名付けられました。

相国寺の開山は、夢窓疎石(むそう そせき)です。

夢窓疎石は、臨済宗の禅僧で、
世界遺産に登録されている京都の西芳寺(苔寺)や
天龍寺などの庭園の設計にも携わりました。

疎石の庭園では、石組などで境地を重んじる禅と
それらが自然と調和する美しさが表現されています。

疎石は詩偈 (しげ)、和歌にもすぐれた方だったとも
伝えられています。

皆さまは、修学旅行で、
京都市北区にある金閣寺や、左京区の銀閣寺に
来られたことが おありかもしれませんね。
ともに、相国寺の塔頭寺院です。

相国寺 地図.jpeg

~相国寺までの交通~
■京都駅から
・地下鉄
 「今出川」で下車

・バス
 京都駅バスターミナルから、
 京都バス45番「烏丸今出川」で下車

■四条河原町から
・市バス51番「烏丸今出川」
  各 徒歩 約 5分

■三条京阪から
・市バス59番 「同志社前」
   徒歩 約 10分